コインランドリーの経営を始めました

私の父が他界して、その後に母も他界しました。
その際に一人っ子だった私は、両親が住んでいた不動産の相続をする事になりました。
しかし、私はすでに結婚をしていて自分の住宅を購入していました。

そのため、その不動産をどうしようか色々と考えました。



最初は駐車場経営を行おうかと思いましたが、周囲の住宅には駐車場が設置してある住宅が多かったので、駐車場は断念しました。



また、アパート経営も考えたのですが、スペースがそれほど広くなかったため断念しました。
売却も考えたのですが、やはり両親が残してくれた土地なので何とか活用したいと思いました。

狭い場所でも出来る不動産投資は何かと色々と調べた結果、コインランドリーを経営する事に決めました。



最初に行った事は、住宅を壊して新たに店舗に建て替える事でした。


初めて不動産投資を行う私は、様々な方にアドバイスを頂いて理想通りの店舗を建築する事が出来ました。
続いて行ったのが洗濯機や乾燥機などの機械類の導入でした。

機械類に関しては、色々なメーカーの営業マンに直接話を聞きました。コストパフォーマンスに優れている機械を教えてもらい、機械類に関しても満足出来る機械を導入しました。

その後は店舗を開業するために、チラシなどを作成して宣伝活動を行いました。

今では安定してコインランドリーを経営する事が出来ていて、利益も出るようになっています。
親が残してくれた土地を有効的に利用出来て満足しています。