コインランドリーの利用が増えています

社会構造の変化と共に、女性の就業率は増加し続けています。


そのため、十分に家事を行う時間を確保することが難しくなっている影響で、様々な代行サービスの利用が広がっています。
滅多に使わない洗濯機を設置すると室内が狭くなる上に、水道代は増えやすくなります。
したがって、購入しないで、コインランドリーを利用する傾向が強くなっています。


その結果、不動産活用の一環として、コインランドリーの経営が増えています。

日常的に行う家事のなかで、洗濯は重労働の一つでした。



その結果、伝統的に女性が家事を担う割合の高かった日本社会では、長年に亘って家庭内で働き続ける一因に繋がっていました。



全自動洗濯機が開発されても当初は高級家電でしたから、簡単に利用する機会はありませんでした。

したがって、コインランドリーを利用することが、一般的でした。

洗濯機の普及に伴って、需要の低下した時期はありました。しかし、洗濯機の機能向上や自宅に設置できない大型機種が開発されている現在、毛布や羽毛布団、カーペット等の嵩張る洗濯を行う手段として活用されています。
クリーニング店よりも割安で、利用者の都合で迅速に使える点が喜ばれています。

経営の観点からは、必要な洗濯設備を設置すると、新規投資の必要がありません。



また、日常的に行う洗濯をサービスにしているため、投資リスクの低さが魅力です。不動産経営と言えば住宅関連がイメージされますが、収益を上げやすいことが経営者に人気です。