コインランドリー経営を始めるにあたり

所有している土地を有効活用するため、副業といった形で始める人が増えているのがコインランドリー経営です。

狭い土地でも始める事が出来、生活に密着した業種なので、リピート率が高いのが特徴です。


安定的な収入が期待できるコインランドリー経営も、運営方法によって成功するか否かが決まってしまうので、メリットとデメリットを理解する必要が出てきます。


まずメリットは、他の業種と比べてランニングコストが安価な業種だといえます。

比較的小さな土地で経営していく事が可能で、自分で所有する土地があれば、有効な土地活用となります。
最大のメリットといえば、安定的な現金収入が期待できることです。
利用者がお金を入れて稼働するので、利用料がその都度現金収入となります。

利用しない間は電気代も待機電力で済むほか、水道代も利用時にしかかかりません。
利用者は近隣の集合住宅に住み、さまざまな理由から自宅で洗濯が出来ない環境にあると考えられます。

そのため、利用者はリピーターとなる割合が高くなるのです。



つまり、人気などにかかわらずその立地の周辺に住宅物件があれば、コンスタントな収入が期待できるのです。
一方でデメリットも存在します。



まず、初期費用が高額になるという点です。

洗濯用の機器の設置はもちろん、搬入の費用、取り付けの費用、両替機、無人経営の為の監視システムなど、一番多くコストがかかるのが各種機器の導入費用です。


また、現金収入も多額ではないので、売り上げが安定する代わり、大幅な売り上げアップは望みにくいのです。



コインランドリー経営するにあたって理解しておきたいのは、それぞれの利点と欠点なのです。